新島トピックス

「にいじまぐ」2号 収支報告

  • にいじまぐ編集部

Posted on 2018年12月20日

愛あるサポートをありがとうございました!

こんにちは。にいじまぐ編集部のソーデー由美です。

 

「にいじまぐ」2号の発行から4ヶ月が経過しました。「にいじまぐ」は新島在住スタッフが自主制作しているフリーマガジンですが、発行にあたりまして多くの方の募金や協賛金、広告出稿等のご協力をいただくことができました。ここに収支報告をさせていただきます。

 

にいじまぐ2号 収支報告

発行物:「にいじまぐ」2号

(2018年8月11日発行 B5/24P/オールカラー/3000部)

 

収入

広告収入       80,000円

協賛金        107,568円

にいじまぐカフェ収入 26,001円   *発行直後にPRイベントを実施

オリジナルグッズ収入 167,750円  *オリジナル手ぬぐい3種を制作販売

GW募金        18,501円   *まるとにて募金箱を設置

夏季募金       10,347円  *島音流食堂、まるとにて募金箱を設置

計          410,167円

 

支出

印刷代        175,990円

カメラマン交通費   20,600円

外注費        132,000円  *デザイン、撮影、イラスト、原稿料含む

配送料        10,384円  *11/1までの全国発送

雑費          6,308円   *梱包材等

計          345,282円

収支  64,885円

 

 

 

モノづくりはいかに経費を抑えつつクオリティを上げるか、といったところが勝負ですが、まだまだ未熟な私たちはつくりながら学びながら試行錯誤の日々です。また、大企業が存在しない離島では広告料で経費をまかなうことは難しく、つくればつくるほど赤字になる現状をどう突破していけばいいのか、悩みつつ制作を続けてきました。

はなから自腹覚悟だったので、まさか黒字になるなんて夢にも思っておらず、本当にビックリしております。

今回初めて広告主様とサポーター様を募集しましたが、まだ生まれたばかりの頼りないフリーマガジンにご協力くださる方々がいらしたこと、心から感謝申し上げます。

またGWに1ヵ所、夏休みに2カ所に募金箱を設置させていただきましたが、小さな貯金箱に無理やりお金をねじこんでくれた観光客の方々、来店のたびにご協力くださった地元の方々、本当にありがとうございました。

何より黒字化最大の要因となったのは、オリジナルグッズの収入でした。

もともと取材にご協力いただいた皆様や広告主様、サポーター様に何かお礼ができないか、と思って制作したオリジナル手ぬぐい。ついでにお土産としてちょこっとでも買ってもらえたら、制作費にあてられるかなーなんて下心もあったりしたわけですが(笑)

手元に大量の手ぬぐいが届いたときは「これはとんでもないことをしてしまった…」と頭を抱え、売れなかったらどうしようと胃の痛い日々を送っておりましたが、まさか島の方々にこれほどたくさん購入いただけるとは予想外でした。「がんばってね」「応援のつもりだから」と言いながら手ぬぐいを買ってくださる方のなんと多かったことか。にいじまぐと手ぬぐいをセットにした「にいじまぐセット」を通販で購入くださった方もたくさんいらっしゃいました。

愛。愛なのね……(涙)

そういったわけで、手ぬぐいに救われて、なんとか制作費をまかなうことができました。みなさま、本当に本当にありがとうございました!

ちなみに、支出の中に編集スタッフの人件費は含まれておりません。仕事として成立していない、という意味では忸怩たる思いがありますが、まずは制作費をまかなえたこと、次号制作費の一部を生み出せたことを素直に喜びたいと思います。

予算の目処がたてば、「にいじまぐ」3号の制作に入ります。さて、いつごろ出せますでしょうか。2019年もどうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします!

 

心からの感謝をこめて

にいじまぐ編集部 スタッフ一同

トピックス インデックス