新島トピックス

にいじまぐ2号「流され島のファンタジア」

  • 編集部より

Posted on 2020年8月14日

1333人の流人たちが太平洋の小さな島に残したもの

にいじまぐ編集部より「にいじまぐ」2号をご紹介します。

今回の特集は「流人文化」。

島流しといえば佐渡や隠岐、八丈島が有名ですが、新島も江戸時代から約200年間、1300人以上もの流人を受け入れてきた流刑の島です。流されてきたのは皇族や武将といった特別な人ではなく、ごく普通の庶民たち。そして彼らは島の人たちと同じように、集落の中で普通に暮らしていました。

世界最大級の都市だった江戸からやってきた流人たちが、太平洋上の小さな島に残したものは何だったのか。幻のように現れては消える流人の痕跡を島目線で読み解く特集です。

2号は2019年8月発行。現在は在庫切れとなっています。画面下からPDFデータでご覧いただけますので、ご利用ください。

*ご注意:誌面に掲載されている内容は、2019年8月時点の情報となります。現在の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。

特集:流され島のファンタジア

・島流しヒストリー
・新島流人伝
・流人カルチャー
・Niijima 24hours
・流人と芸能
・流人絵師
・妄想女子の流人さんぽ

・新島おさんぽマップ(本村・若郷)
・4コマ漫画「けっきょくコガコ」 byかぁちゃん
・しまの自然録 byしまの汐
・島に伝わるフシギを探る新島フォークロアーズ

 

トピックス インデックス