新島トピックス

新型コロナウイルス関連情報まとめ(4月22日現在)

  • ニュース

Posted on 2020年4月22日

新型コロナウイルスに関する新島の最新情報を随時お知らせします。

 

新型コロナウイルスの感染拡大はいまだ収束の糸口すら見つからず、日々深刻さを増して世界中を危機に陥れています。日本でも東京、大阪など都市部での感染が拡大しており、特に首都圏での感染者急増で医療崩壊が危ぶまれるなど、事態は予断を許さない状況になっています。

4月22日現在、東京都の発表によると新島での感染者は確認されていません。ただ、東京の島である新島は船・飛行機ともに都内から発着しており、経済的にも首都圏と密接に結びついています。病院がなく充分な医療体制でない小さな島だけに、一度感染が始まると短期間で蔓延することが危惧され、島内は厳戒態勢になっています。

3月までの情報はこちら。

4月22日(月)15:00現在

<新島村関連>

●旅行者への来島自粛を要請

4月6日午後、新島村の青沼村長より旅行者に向けて来島自粛の要請が発表されました。新島、式根島のリーダーである村長の非常に力強いメッセージです。多くの住民が観光業で成り立っている観光の島にとって、旅行者に来島を遠慮してほしいと呼びかけることは島内の経済を止めることになりかねない重大な宣言。それだけ事態が逼迫しているということであり、命を守るための苦渋の決断です。これから来島を計画されている方は、くれぐれも自粛をお願いします。

また4月22日にはプレジャーボート、自家用機など公共交通機関以外の手段で来島を計画されている方への来島自粛を呼びかけました。

●住民への上京自粛・島外家族友人の来島自粛を要請

新島・式根島住民に対しては、4月8日より通院や冠婚葬祭等以外の上京の自粛、および帰島後2週間はできるだけ外出を控えるように要請がありました。また4月20日にはゴールデンウイークを控え、島外にいる家族の島への帰省および友人の来島を自粛してもらうよう、さらなる要請がありました。

その他、新島村の最新情報はこちら

●新島・式根島観光協会は観光・宿泊施設の斡旋を休止

4月5日より新島観光協会は、4月・5月に新島への旅行を計画している旅行者に来島の自粛を要請しました。新島観光協会の情報はこちら

●ロケーションボックスはロケ受け入れを休止

4月3日より新島・式根島での映画・ドラマ・テレビ番組等の撮影支援を行なっている新島・式根島ロケーションボックス(新島村商工会)は、当面の間、ロケおよびロケハンの受け入れを休止しています。新島村商工会の情報はこちら

<観光施設>

4月7日に政府が発令した緊急事態宣言を受け、新島村の公共施設は一部を除いて原則使用中止とすることが発表されました。

くわしい情報はこちら

・使用中止(5月6日まで)

新島

新島村博物館、まました温泉、新島住民センター図書室、勤労福祉開館(きんぷく)、住民センター、青葉会館、自治会館、クリエイトセンター、さわやか健康センター、若郷会館、羽伏浦キャンプ場

式根島

開発総合センター、憩いの家、釜の下キャンプ場、大浦キャンプ場、地鉈温泉(台風被害のため)、足付温泉(台風被害のため)

 

・一部利用可能

新島

湯の浜露天温泉(通常営業、ただし3密を避ける)、小中学校校庭(13〜17時一般開放)、温泉ロッジ(宿泊は営業だが仕事関係者以外は自粛、立ち寄り入浴中止)

式根島

宮ケ下雅湯(通常営業、ただし3密を避ける)、小中学校校庭(13〜17時一般開放)

 

<宿泊施設>

新島村では旅行者の来島自粛を要請しており、新規の予約を休止している宿もあります。

 

<飲食店>

緊急事態宣言を受けて、休業や営業時間短縮、テイクアウトのみなど店舗ごとに対応を行なっています。

<交通機関・島内>

新島内を走るふれあいバス、新島―式根島間の連絡船にしきは通常運行しています。

 

<交通機関・島外>

東海汽船

東京―新島・式根島間の大型船および高速ジェット線は運行していますが、緊急事態宣言に伴い運航ダイヤに大幅な変更が発生しています。また横浜港は閉鎖されているため、大型船の横浜寄港は休止されています。

また、東京と伊豆諸島・小笠原諸島を結ぶ航路では、東京・竹芝桟橋の乗船口にて乗船者全員の検温を実施。37.5度以上の発熱が認められる方は乗船できなくなっています。(検温は東京都の依頼により実施されているもので、横浜港、下田港、および各島の寄港地では行われていません)

船内では定期的に換気を行うほか、アルコール消毒液を設置。船内乗組員はマスク着用。空席がある場合はできるだけ乗客同士の間隔が空くように配慮。また港の待合所ではアルコール消毒液の設置と従業員のマスク着用で対応しています。

【4/20更新】新型コロナウィルスの影響による運休について(4/6~5/6)

【3/25発表】新型コロナウイルスに伴う当社の対応について

新中央航空

調布飛行場と伊豆大島、新島、神津島、三宅島を空路で結ぶ新中央航空では、地上係員のマスク着用が実施されているほか、搭乗客の手が触れる機内設備のアルコール消毒を実施。また、新型コロナウイルス拡大に伴う特別措置として、3月2日〜5月6日までの搭乗便について無料払い戻しを受付しています。

調布飛行場では3月7日より搭乗客全員の検温を実施。搭乗カウンター前に検温コーナーを設置し、37.5度以上の発熱が認められる人は搭乗できなくなっています。なお、除菌剤「クレベリン」の機内持ち込み・手荷物預かりはできませんのでご注意ください(航空法上の危険物に該当)。

【4/21更新】新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う運休及び時間変更について(4/13~5/6)

新型コロナウイルス拡大に伴い航空券の特別対応について

<イベント>

以下のイベントは中止・または延期の発表がありました。

・島じまん2020(5月→中止/東京・竹芝)

・地質の日イベント(5月→延期/新島)

・新島トライアスロン大会(5月16日→中止/新島)

・式根島マラソン大会(6月20日→中止/式根島)

・新島オープンウオータースイミング大会(7月5日→中止/新島)

新島村役場からのお知らせはこちら

トピックス インデックス